万葉集 第18巻 4048番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第18巻4048番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第18巻 4048番歌

第18巻
歌番号 4048番歌
作者 大伴家持
題詞 (至水海遊覧之時各述懐作歌)
原文 多流比女能 宇良乎許具不祢 可治末尓母 奈良野和藝<弊>乎 和須礼C於毛倍也
訓読 垂姫の浦を漕ぐ舟梶間にも奈良の我家を忘れて思へや
かな たるひめの うらをこぐふね かぢまにも ならのわぎへを わすれておもへや
英語(ローマ字) TARUHIMENO URAWOKOGUFUNE KADIMANIMO NARANOWAGIHEWO WASURETEOMOHEYA
垂姫(たるひめ)の浦を漕ぎながら梶を操る、その合間も奈良の我が家を忘れることがあろうか。
左注 右一首大伴家持 ( / 前件十五首歌者廿五日作之)
校異 敝 弊 [元][類][紀]
用語 天平20年3月25日、作者:大伴家持、年紀、序詞、地名、氷見、富山、望郷、奈良、宴席、遊覧
タイトルとURLをコピーしました