万葉集 第18巻 4065番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第18巻4065番歌はこちらにまとめました。

第18巻 4065番歌

第18巻
歌番号 4065番歌
作者 作者不詳
題詞 射水郡驛舘之屋柱題著歌一首
原文 安佐妣良伎 伊里江許具奈流 可治能於登乃 都波良都<婆>良尓 吾家之於母保由
訓読 朝開き入江漕ぐなる楫の音のつばらつばらに我家し思ほゆ
かな あさびらき いりえこぐなる かぢのおとの つばらつばらに わぎへしおもほゆ
英語(ローマ字) ASABIRAKI IRIEKOGUNARU KADINOOTONO TSUBARATSUBARANI WAGIHESHIOMOHOYU
朝が明けて入り江を漕ぐ梶の音がしきりに聞こえてくる。その梶の音のように故郷の我が家がつくづく偲ばれる。
左注 右一首山上臣作 不審名 或云憶良大夫之男 但其正名未詳也
校異 波 婆 [類][細]
用語 作者:山上臣(山上憶良・息子)、伝誦、望郷、序詞
タイトルとURLをコピーしました