万葉集 第18巻 4046番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第18巻4046番歌はこちらにまとめました。

第18巻 4046番歌

第18巻
歌番号 4046番歌
作者 田辺福麻呂
題詞 至水海遊覧之時各述懐作歌
原文 可牟佐夫流 多流比女能佐吉 許支米具利 見礼登<毛>安可受 伊加尓和礼世牟
訓読 神さぶる垂姫の崎漕ぎ廻り見れども飽かずいかに我れせむ
かな かむさぶる たるひめのさき こぎめぐり みれどもあかず いかにわれせむ
英語(ローマ字) KAMUSABURU TARUHIMENOSAKI KOGIMEGURI MIREDOMOAKAZU IKANIWARESEMU
神々しい垂姫(たるひめ)の崎を漕ぎ回って、いくら見ても見飽きない絶景。私はいかにせん。
左注 右一首田邊史福麻呂 ( / 前件十五首歌者廿五日作之)
校異 裳 毛 [元]
用語 天平20年3月25日、作者:田辺福麻呂、年紀、地名、氷見、富山、土地讃美、遊覧、宴席
タイトルとURLをコピーしました