万葉集 第18巻 4032番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第18巻4032番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第18巻 4032番歌

第18巻
歌番号 4032番歌
作者 田辺福麻呂
題詞 天平廿年春三月廾三日左大臣橘家之使者造酒司令史田<邊>福麻呂饗于守大伴宿祢家持舘爰作新歌并便誦古詠各述心緒
原文 奈呉乃宇美尓 布祢之麻志可勢 於伎尓伊泥弖 奈美多知久夜等 見底可敝利許牟
訓読 奈呉の海に舟しまし貸せ沖に出でて波立ち来やと見て帰り来む
かな なごのうみに ふねしましかせ おきにいでて なみたちくやと みてかへりこむ
英語(ローマ字) NAGONOUMINI FUNESHIMASHIKASE OKINIIDETE NAMITACHIKUYATO MITEKAHERIKOMU
舟をしばし貸して下され。奈呉(なご)の海の沖に出て行って、波が立ち寄せて来るかどうか見て帰って来ますから。 
左注 (右四首田邊史福麻呂)
校異 邊史 邊 [元][類][細]
用語 天平20年3月23日、作者:田辺福麻呂、地名、高岡、富山、宴席、挨拶、大伴家持、年紀
スポンサーリンク

解説

題詞は「天平20年春3月23日、左大臣橘家の使者、造酒司令史(みきのつかさのさかん)田邊史福麻呂(たなべのふびとさきまろ)を守大伴宿祢家持の邸宅に招いて接待。ここに新歌並びに古詠歌を示し、各々思いを述べる。」とある。天平20年は748年。左大臣橘は橘諸兄のこと。造酒司とは、宮内庁直下の酒造会社(及び役所)のこと。主な業務は酒や醴・酢などの醸造、管理を行う。四等官は上から正(かみ)、佑(じょう)、令史(さかん)となり、2番目である次官(すけ)は置かれなかったという。つまり造酒司は中央の官職の仕事ということになる。万葉集では、田辺福麻呂の歌だけ造酒司がある。

「奈呉の海」は富山県射水市の海。現在射水市新湊庁舎があり、その前の海岸。「しまし」は「しばし」と読む。

タイトルとURLをコピーしました