万葉集 第18巻 4081番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第18巻4081番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第18巻 4081番歌

第18巻
歌番号 4081番歌
作者 坂上郎女
題詞 (姑大伴氏坂上郎女来贈越中守大伴宿祢家持歌二首)
原文 可多於毛比遠 宇万尓布都麻尓 於保世母天 故事部尓夜良波 比登加多波牟可母
訓読 片思ひを馬にふつまに負ほせ持て越辺に遣らば人かたはむかも
かな かたおもひを うまにふつまに おほせもて こしへにやらば ひとかたはむかも
英語(ローマ字) KATAOMOHIWO UMANIFUTSUMANI OHOSEMOTE KOSHIHENIYARABA HITOKATAHAMUKAMO
片思ひをすっかり馬に背負わせて越の国の辺りへつかわせば、あなたも私同様片側に寄ってきてくれるのかしらね。
左注
校異
用語 天平20年、作者:坂上郎女、年紀、贈答、大伴家持、恋情、高岡、富山、地名
タイトルとURLをコピーしました