万葉集 第18巻 4056番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第18巻4056番歌はこちらにまとめました。

第18巻 4056番歌

第18巻
歌番号 4056番歌
作者 作者不詳
題詞 太上皇御在於難波宮之時歌七首 [清足姫天皇也] / 左大臣橘宿祢歌一首
原文 保里江尓波 多麻之可麻之乎 大皇乎 美敷祢許我牟登 可年弖之里勢婆
訓読 堀江には玉敷かましを大君を御船漕がむとかねて知りせば
かな ほりえには たましかましを おほきみを みふねこがむと かねてしりせば
英語(ローマ字) HORIENIHA TAMASHIKAMASHIWO OHOKIMIWO MIFUNEKOGAMUTO KANETESHIRISEBA
堀江には玉を敷き詰めるんでしたのに。大君が御船を漕がれるとあらかじめ知っていたならば。
左注 (右<二>首件歌者御船泝江遊宴之日左大臣奏并御製)
校異
用語 作者:橘諸兄、地名、難波、大阪、宴席、歓迎、元正天皇、伝誦、行幸
タイトルとURLをコピーしました