万葉集 第18巻 4110番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第18巻4110番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第18巻 4110番歌

第18巻
歌番号 4110番歌
作者 大伴家持
題詞 先妻不待夫君之<喚>使自来時作歌一首
原文 左夫流兒我 伊都伎之等<乃>尓 須受可氣奴 <波>由麻久太礼利 佐刀毛等騰呂尓
訓読 左夫流子が斎きし殿に鈴懸けぬ駅馬下れり里もとどろに
かな さぶるこが いつきしとのに すずかけぬ はゆまくだれり さともとどろに
英語(ローマ字) SABURUKOGA ITSUKISHITONONI SUZUKAKENU HAYUMAKUDARERI SATOMOTODORONI
左夫流(さぶる)なる子が勝手に同棲していた少咋の家に都から本妻が早馬で直接乗り込んできたので、里の人々は大騒ぎになった。
左注 同月十七日大伴宿祢家持作之
校異 愛 喚 [西(朱書訂正)][元][古][紀][温] / 能 乃 [元][類][古] / 婆 波 [古][紀][矢][京]
用語 天平感宝1年5月17日、作者:大伴家持、年紀、、教喩、律令、高岡、富山、尾張少咋、儒教、興味
タイトルとURLをコピーしました