万葉集 第18巻 4041番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第18巻4041番歌はこちらにまとめました。

第18巻 4041番歌

第18巻
歌番号 4041番歌
作者 田辺福麻呂
題詞 (于時期之明日将遊覧布勢水海仍述懐各作歌)
原文 宇梅能波奈 佐伎知流曽能尓 和礼由可牟 伎美我都可比乎 可多麻知我底良
訓読 梅の花咲き散る園に我れ行かむ君が使を片待ちがてら
かな うめのはな さきちるそのに われゆかむ きみがつかひを かたまちがてら
英語(ローマ字) UMENOHANA SAKICHIRUSONONI WAREYUKAMU KIMIGATSUKAHIWO KATAMACHIGATERA
梅の花が咲いて散るという園に私は行ってみよう。あなたからの使いがやってくるのを一方では待ちながら。
左注 (右五首田邊史福麻呂 / 前件十首歌者廿四日宴作之 )
校異
用語 天平20年3月24日、作者:田辺福麻呂、植物、宴席、年紀
タイトルとURLをコピーしました