万葉集 第19巻 4155番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第19巻4155番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第19巻 4155番歌

第19巻
歌番号 4155番歌
作者 大伴家持
題詞 (八日詠白<大>鷹歌一首[并短歌])
原文 矢形尾乃 麻之路能鷹乎 屋戸尓須恵 可伎奈泥見都追 飼久之余志毛
訓読 矢形尾の真白の鷹を宿に据ゑ掻き撫で見つつ飼はくしよしも
かな やかたをの ましろのたかを やどにすゑ かきなでみつつ かはくしよしも
英語(ローマ字) YAKATAWONO MASHIRONOTAKAWO YADONISUゑ KAKINADEMITSUTSU KAHAKUSHIYOSHIMO
矢形尾をした真っ白な鷹を妻屋に据えて、撫でたり見入ったりして飼うのはいいもんだ。
左注
校異
用語 天平勝宝2年3月8日、年紀、作者:大伴家持、動物、富山、高岡
タイトルとURLをコピーしました