万葉集 第19巻 4248番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第19巻4248番歌はこちらにまとめました。

第19巻 4248番歌

第19巻
歌番号 4248番歌
作者 大伴家持
題詞 以七月十七日遷任少納言 仍作悲別之歌贈貽朝集使<掾>久米朝臣廣縄之館二首 /既満六載之期忽値遷替之運 於是別舊之悽心中欝結 拭な之袖何以能旱 因作悲歌二首式遺莫忘之志 其詞曰
原文 荒玉乃 年緒長久 相見C之 彼心引 将忘也毛
訓読 あらたまの年の緒長く相見てしその心引き忘らえめやも
かな あらたまの としのをながく あひみてし そのこころひき わすらえめやも
英語(ローマ字) ARATAMANO TOSHINOWONAGAKU AHIMITESHI SONOKOKOROHIKI WASURAEMEYAMO
長い年月、お互いに顔を見合わせ、心を寄せて頂いたことを忘れることができましょうか。
左注 (右八月四日贈之)
校異
用語 天平勝宝3年8月4日、年紀、、作者:大伴家持、、宴席、餞別、悲別、羈旅、出発、久米広縄、高岡、富山、枕詞
タイトルとURLをコピーしました