万葉集 第19巻 4247番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第19巻4247番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第19巻 4247番歌

第19巻
歌番号 4247番歌
作者 作者不詳(阿倍老人母)
題詞 阿倍朝臣老人遣唐時奉母悲別歌一首
原文 天雲能 曽伎敝能伎波美 吾念有 伎美尓将別 日近成奴
訓読 天雲のそきへの極み我が思へる君に別れむ日近くなりぬ
かな あまくもの そきへのきはみ あがもへる きみにわかれむ ひちかくなりぬ
英語(ローマ字) AMAKUMONO SOKIHENOKIHAMI AGAMOHERU KIMINIWAKAREMU HICHIKAKUNARINU
おお空の天雲の遠い遠隔の極みまで思っている母上、別れなければならない日が近くなりました。
左注 右件歌者傳誦之人越中大目高安倉人種麻呂是也 但年月次者随聞之時載於此焉
校異
用語 天平5年、年紀、作者:阿倍老人母、遣唐使、餞別、出発、羈旅、悲別、高安種麻呂、天平勝宝3年、伝誦、高岡、富山
タイトルとURLをコピーしました