万葉集 第19巻 4156番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第19巻4156番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第19巻 4156番歌

第19巻
歌番号 4156番歌
作者 大伴家持
題詞 潜鵜歌一首[并短歌]
原文 荒玉能 年徃更 春去者 花耳尓保布 安之比奇能 山下響 墜多藝知 流辟田乃 河瀬尓 年魚兒狭走 嶋津鳥 鵜養等母奈倍 可我理左之 奈頭佐比由氣<婆> 吾妹子我 可多見我C良等 紅之 八塩尓染而 於己勢多流 服之襴毛 等寳利C濃礼奴
訓読 あらたまの 年行きかはり 春されば 花のみにほふ あしひきの 山下響み 落ち激ち 流る辟田の 川の瀬に 鮎子さ走る 島つ鳥 鵜養伴なへ 篝さし なづさひ行けば 我妹子が 形見がてらと 紅の 八しほに染めて おこせたる 衣の裾も 通りて濡れぬ
かな あらたまの としゆきかはり はるされば はなのみにほふ あしひきの やましたとよみ おちたぎち ながるさきたの かはのせに あゆこさばしる しまつとり うかひともなへ かがりさし なづさひゆけば わぎもこが かたみがてらと くれなゐの やしほにそめて おこせたる ころものすそも とほりてぬれぬ
英語(ローマ字) ARATAMANO TOSHIYUKIKAHARI HARUSAREBA HANANOMINIHOFU ASHIHIKINO YAMASHITATOYOMI OCHITAGICHI NAGARUSAKITANO KAHANOSENI AYUKOSABASHIRU SHIMATSUTORI UKAHITOMONAHE KAGARISASHI NADUSAHIYUKEBA WAGIMOKOGA KATAMIGATERATO KURENAゐNO YASHIHONISOMETE OKOSETARU KOROMONOSUSOMO TOHORITENURENU
年が代わって春になると花々が咲きにおう。山のふもとを轟かして、激しく落下して流れくだる辟田(さきた)川。その川の瀬では鮎がすいすいと走る。鵜飼いの人々を伴って、篝火をかざして難渋しながら川を行くと、我が妻が形見と思って下さいと、紅色に幾度も染めて送ってくれた着物、その着物が水に濡れる。
左注
校異 歌 [西][細] 謌 / 波 婆 [元][類]
用語 天平勝宝2年3月8日、年紀、作者:大伴家持、動物、地名、能登、富山、鵜飼い
タイトルとURLをコピーしました