万葉集 第19巻 4168番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第19巻4168番歌はこちらにまとめました。

第19巻 4168番歌

第19巻
歌番号4168番歌
作者大伴家持
題詞(詠霍公鳥并時花歌一首[并短歌](反歌二首))
原文毎年尓 来喧毛能由恵 霍公鳥 聞婆之努波久 不相日乎於保美 [毎年謂之等之乃波]
訓読毎年に来鳴くものゆゑ霍公鳥聞けば偲はく逢はぬ日を多み [毎年謂之等之乃波]
かなとしのはに きなくものゆゑ ほととぎす きけばしのはく あはぬひをおほみ
英語(ローマ字)TOSHINOHANI KINAKUMONOYUゑ HOTOTOGISU KIKEBASHINOHAKU AHANUHIWOOHOMI
毎年やって来て鳴くホトトギスだからその声を聞けばなつかしい。年がら年中鳴く鳥ではないので。
左注右廿日雖未及時依興預作也
校異也 [元] 之
用語天平勝宝2年3月20日、年紀、作者:大伴家持、依興、予作、預作、動物、高岡、富山
タイトルとURLをコピーしました