万葉集 第19巻 4167番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第19巻4167番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第19巻 4167番歌

第19巻
歌番号 4167番歌
作者 大伴家持
題詞 (詠霍公鳥并時花歌一首[并短歌])反歌二首
原文 毎時 弥米頭良之久 咲花乎 折毛不折毛 見良久之余志<母>
訓読 時ごとにいやめづらしく咲く花を折りも折らずも見らくしよしも
かな ときごとに いやめづらしく さくはなを をりもをらずも みらくしよしも
英語(ローマ字) TOKIGOTONI IYAMEDURASHIKU SAKUHANAWO WORIMOWORAZUMO MIRAKUSHIYOSHIMO
四季折々に興趣深く咲く花、折り取ってもよし、そのまま眺めるのもよし。
左注 (右廿日雖未及時依興預作也)
校異 毛 母 [元][類]
用語 天平勝宝2年3月20日、年紀、作者:大伴家持、依興、予作、預作、植物、高岡、富山
タイトルとURLをコピーしました