万葉集 第19巻 4164番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第19巻4164番歌はこちらにまとめました。

第19巻 4164番歌

第19巻
歌番号 4164番歌
作者 大伴家持
題詞 慕振勇士之名歌一首[并短歌]
原文 知智乃實乃 父能美許等 波播蘇葉乃 母能美己等 於保呂可尓 情盡而 念良牟 其子奈礼夜母 大夫夜 <无>奈之久可在 梓弓 須恵布理於許之 投矢毛知 千尋射和多之 劔刀 許思尓等理波伎 安之比奇能 八峯布美越 左之麻久流 情不障 後代乃 可多利都具倍久 名乎多都倍志母
訓読 ちちの実の 父の命 ははそ葉の 母の命 おほろかに 心尽して 思ふらむ その子なれやも 大夫や 空しくあるべき 梓弓 末振り起し 投矢持ち 千尋射わたし 剣大刀 腰に取り佩き あしひきの 八つ峰踏み越え さしまくる 心障らず 後の世の 語り継ぐべく 名を立つべしも
かな ちちのみの ちちのみこと ははそばの ははのみこと おほろかに こころつくして おもふらむ そのこなれやも ますらをや むなしくあるべき あづさゆみ すゑふりおこし なげやもち ちひろいわたし つるぎたち こしにとりはき あしひきの やつをふみこえ さしまくる こころさやらず のちのよの かたりつぐべく なをたつべしも
英語(ローマ字) CHICHINOMINO CHICHINOMIKOTO HAHASOBANO HAHANOMIKOTO OHOROKANI KOKOROTSUKUSHITE OMOFURAMU SONOKONAREYAMO MASURAWOYA MUNASHIKUARUBEKI ADUSAYUMI SUゑFURIOKOSHI NAGEYAMOCHI CHIHIROIWATASHI TSURUGITACHI KOSHINITORIHAKI ASHIHIKINO YATSUWOFUMIKOE SASHIMAKURU KOKOROSAYARAZU NOCHINOYONO KATARITSUGUBEKU NAWOTATSUBESHIMO
父上や母上はいい加減な気持ちでわれわれを育てたのだろうか。決してそうではあるまい。だから男子たる者、無為に時を送ってはならない。梓弓(あずさゆみ)の末を振り立てるような、投げ矢を持って射通すような気迫を持たなければなるまい。剣大刀(つるぎたち)を腰に帯び、いくつもの山々を越えた地で任務につくように任命された大君の心に違わぬように、後の世の語りぐさとなるように名を立てなければならない。
左注 (右二首追和山上憶良臣作歌)
校異 無 无 [元][類]
用語 天平勝宝2年3月、年紀、作者:大伴家持、憶良、追和、枕詞、植物、儒教、高岡、富山
タイトルとURLをコピーしました