万葉集 第19巻 4281番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第19巻4281番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第19巻 4281番歌

第19巻
歌番号 4281番歌
作者 大伴家持
題詞 (廿七日林王宅餞之但馬按察使橘奈良麻呂朝臣宴歌三首)
原文 白雪能 布里之久山乎 越由加牟 君乎曽母等奈 伊吉能乎尓念伊伎能乎尓須流
訓読 白雪の降り敷く山を越え行かむ君をぞもとな息の緒に思ふ息の緒にする
かな しらゆきの ふりしくやまを こえゆかむ きみをぞもとな いきのをにおもふ いきのをにする
英語(ローマ字) SHIRAYUKINO FURISHIKUYAMAWO KOEYUKAMU KIMIWOZOMOTONA IKINOWONIOMOFU IKINOWONISURU
白雪の降り敷く山を越えて行かれるあなた、無性に長らくの別れに思われてなりません。
左注 左大臣換尾云 伊伎能乎尓須流 然猶喩曰 如前誦之也 / 右一首少納言大伴宿祢家持
校異
用語 天平勝宝4年11月27日、年紀、作者:大伴家持、宴席、橘奈良麻呂、餞別、悲別、出発、羈旅、橘諸兄、推敲、添削
タイトルとURLをコピーしました