万葉集 第19巻 4282番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第19巻4282番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第19巻 4282番歌

第19巻
歌番号 4282番歌
作者 石上宅嗣
題詞 五年正月四日於治部少輔石上朝臣宅嗣家宴歌三首
原文 辞繁 不相問尓 梅花 雪尓之乎礼C 宇都呂波牟可母
訓読 言繁み相問はなくに梅の花雪にしをれてうつろはむかも
かな ことしげみ あひとはなくに うめのはな ゆきにしをれて うつろはむかも
英語(ローマ字) KOTOSHIGEMI AHITOHANAKUNI UMENOHANA YUKINISHIWORETE UTSUROHAMUKAMO
人の口がうるさいので訪問しないままでいる内に、梅の花が雪にあたって散ってしまうかもしれないと思う。
左注 右一首主人石上朝臣宅嗣
校異
用語 天平勝宝5年1月4日、年紀、作者:石上宅嗣、宴席、植物、見立て、恋愛、譬喩
タイトルとURLをコピーしました