万葉集 第19巻 4239番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第19巻4239番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第19巻 4239番歌

第19巻
歌番号 4239番歌
作者 大伴家持
題詞 詠霍公鳥歌一首
原文 二上之 峯於乃繁尓 許毛<里>尓之 <彼>霍公鳥 待<騰>来奈賀受
訓読 二上の峰の上の茂に隠りにしその霍公鳥待てど来鳴かず
かな ふたがみの をのうへのしげに こもりにし そのほととぎす まてどきなかず
英語(ローマ字) FUTAGAMINO WONOUHENOSHIGENI KOMORINISHI SONOHOTOTOGISU MATEDOKINAKAZU
二上山の峰の茂みにこもってしまったホトトギス。待っても待ってもやって来て鳴いてくれない。
左注 右四月十六日大伴宿祢家持作之
校異 <> 里 [万葉集略解] / 波 彼 [元] / 騰末 騰 [元][類]
用語 天平勝宝3年4月16日、年紀、作者:大伴家持、動物、怨恨、地名、高岡、富山
タイトルとURLをコピーしました