万葉集 第19巻 4240番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第19巻4240番歌はこちらにまとめました。

第19巻 4240番歌

第19巻
歌番号4240番歌
作者光明皇后
題詞春日祭神之日藤原太后御作歌一首 / 即賜入唐大使藤原朝臣清河 参議従四位下遣唐使
原文大船尓 真梶繁貫 此吾子乎 韓國邊遣 伊波敝神多智
訓読大船に真楫しじ貫きこの我子を唐国へ遣る斎へ神たち
かなおほぶねに まかぢしじぬき このあこを からくにへやる いはへかみたち
英語(ローマ字)OHOBUNENI MAKADISHIJINUKI KONOAKOWO KARAKUNIHEYARU IHAHEKAMITACHI
大船に梶をいっせいに取り付けてこの子を唐の国へ遣わします。船出する一行をお守り下さい、神々のみなさま。
左注(右件歌者傳誦之人越中大目高安倉人種麻呂是也 但年月次者随聞之時載於此焉)
校異
用語天平5年、年紀、作者:光明皇后、藤原清河、遣唐使、伝誦、古歌、春日野、高安種麻呂、出発、神祭り、餞別、羈旅、天平勝宝3年、高岡、富山
タイトルとURLをコピーしました