万葉集 第19巻 4188番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第19巻4188番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第19巻 4188番歌

第19巻
歌番号 4188番歌
作者 大伴家持
題詞 (六日遊覧布勢水海作歌一首[并短歌])
原文 藤奈美能 花盛尓 如此許曽 浦己藝廻都追 年尓之努波米
訓読 藤波の花の盛りにかくしこそ浦漕ぎ廻つつ年に偲はめ
かな ふぢなみの はなのさかりに かくしこそ うらこぎみつつ としにしのはめ
英語(ローマ字) FUDINAMINO HANANOSAKARINI KAKUSHIKOSO URAKOGIMITSUTSU TOSHINISHINOHAME
藤の花が波打つように咲く盛りに、こうして浦を漕ぎ回って毎年やってきて花を愛でようではないか。
左注
校異
用語 天平勝宝2年4月6日、年紀、作者:大伴家持、氷見、富山、遊覧、土地讃美、植物
タイトルとURLをコピーしました