万葉集 第19巻 4252番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第19巻4252番歌はこちらにまとめました。

第19巻 4252番歌

第19巻
歌番号 4252番歌
作者 久米広縄
題詞 正税帳使掾久米朝臣廣縄事畢退任 適遇於越前國掾大伴宿祢池主之舘 仍共飲樂也 于時久米朝臣廣縄矚芽子花作歌一首
原文 君之家尓 殖有芽子之 始花乎 折而挿頭奈 客別度知
訓読 君が家に植ゑたる萩の初花を折りてかざさな旅別るどち
かな きみがいへに うゑたるはぎの はつはなを をりてかざさな たびわかるどち
英語(ローマ字) KIMIGAIHENI UゑTARUHAGINO HATSUHANAWO WORITEKAZASANA TABIWAKARUDOCHI
あなたの家に植えられている萩の初花、手折って髪飾りにしよう。旅の途次にある私は別れなければならない、わが仲間よ。
左注
校異
用語 天平勝宝3年8月5日、年紀、作者:久米広縄、大伴池主、大伴家持、福井、武生、羈旅、植物、悲別
タイトルとURLをコピーしました