万葉集 第19巻 4198番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第19巻4198番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第19巻 4198番歌

第19巻
歌番号 4198番歌
作者 大伴家持
題詞 (贈京人歌二首)
原文 都礼母奈久 可礼尓之毛能登 人者雖云 不相日麻祢美 念曽吾為流
訓読 つれもなく離れにしものと人は言へど逢はぬ日まねみ思ひぞ我がする
かな つれもなく かれにしものと ひとはいへど あはぬひまねみ おもひぞわがする
英語(ローマ字) TSUREMONAKU KARENISHIMONOTO HITOHAIHEDO AHANUHIMANEMI OMOHIZOWAGASURU
素っ気なく旅だっていったと人は言いますが、妻と会わない日々が重なってきて、思い焦がれています。
左注 右為贈留女之女郎所誂家婦作也 [女郎者即大伴家持之妹]
校異
用語 天平勝宝2年4月、年紀、作者:大伴家持、留女女郎、家持妹、坂上大嬢、代作、恋情、悲別、高岡、富山
タイトルとURLをコピーしました