万葉集 第19巻 4291番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第19巻4291番歌はこちらにまとめました。

第19巻 4291番歌

第19巻
歌番号 4291番歌
作者 大伴家持
題詞 (廿三日依興作歌二首)
原文 和我屋度能 伊佐左村竹 布久風能 於等能可蘇氣伎 許能由布敝可母
訓読 我が宿のい笹群竹吹く風の音のかそけきこの夕かも
かな わがやどの いささむらたけ ふくかぜの おとのかそけき このゆふへかも
英語(ローマ字) WAGAYADONO ISASAMURATAKE FUKUKAZENO OTONOKASOKEKI KONOYUFUHEKAMO
我が家の庭園に群がっている笹の葉を通り過ぎていく風。その音のかすかなざわめきがするこの夕暮れ。
左注
校異
用語 天平勝宝5年2月23日、年紀、作者:大伴家持、依興、植物
タイトルとURLをコピーしました