万葉集 第19巻 4280番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第19巻4280番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第19巻 4280番歌

第19巻
歌番号 4280番歌
作者 大伴黒麻呂
題詞 (廿七日林王宅餞之但馬按察使橘奈良麻呂朝臣宴歌三首)
原文 立別 君我伊麻左婆 之奇嶋能 人者和礼自久 伊波比弖麻多牟
訓読 立ち別れ君がいまさば磯城島の人は我れじく斎ひて待たむ
かな たちわかれ きみがいまさば しきしまの ひとはわれじく いはひてまたむ
英語(ローマ字) TACHIWAKARE KIMIGAIMASABA SHIKISHIMANO HITOHAWAREJIKU IHAHITEMATAMU
このまま立ち別れになってあなた様がいらっしゃらなくなれば、大和の国の人々は私と同様にお祈りしてお待ちすると思います。
左注 右一首右京少進大伴宿祢黒麻呂
校異
用語 天平勝宝4年11月27日、年紀、作者:大伴黒麻呂、宴席、橘奈良麻呂、餞別、悲別、出発、羈旅、寿歌
タイトルとURLをコピーしました