万葉集 第19巻 4285番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第19巻4285番歌はこちらにまとめました。

第19巻 4285番歌

第19巻
歌番号 4285番歌
作者 大伴家持
題詞 十一日大雪落積尺有二寸 因述拙懐<歌>三首
原文 大宮能 内尓毛外尓母 米都良之久 布礼留大雪 莫踏祢乎之
訓読 大宮の内にも外にもめづらしく降れる大雪な踏みそね惜し
かな おほみやの うちにもとにも めづらしく ふれるおほゆき なふみそねをし
英語(ローマ字) OHOMIYANO UCHINIMOTONIMO MEDURASHIKU FURERUOHOYUKI NAFUMISONEWOSHI
大宮の庭にも外側にも珍しく大雪が降って一面真っ白だ。この大雪を踏んでくれるな惜しいから。
左注
校異 <> 歌 [元][細]
用語 天平勝宝5年1月11日、年紀、作者:大伴家持、宮廷、寿歌
タイトルとURLをコピーしました