万葉集 第19巻 4196番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第19巻4196番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第19巻 4196番歌

第19巻
歌番号 4196番歌
作者 大伴家持
題詞 (更怨霍公鳥哢晩歌三首)
原文 月立之 日欲里乎伎都追 敲自努比 麻泥騰伎奈可奴 霍公鳥可母
訓読 月立ちし日より招きつつうち偲ひ待てど来鳴かぬ霍公鳥かも
かな つきたちし ひよりをきつつ うちしのひ まてどきなかぬ ほととぎすかも
英語(ローマ字) TSUKITACHISHI HIYORIWOKITSUTSU UCHISHINOHI MATEDOKINAKANU HOTOTOGISUKAMO
月が代わった日から招き寄せようとしきりに思い焦がれて待っているけれど、一向にやって来て鳴いてくれないホトトギス。
左注
校異
用語 天平勝宝2年4月、年紀、作者:大伴家持、動物、怨恨、高岡、富山
タイトルとURLをコピーしました