万葉集 第19巻 4224番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第19巻4224番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第19巻 4224番歌

第19巻
歌番号 4224番歌
作者 光明皇后
題詞
原文 朝霧之 多奈引田為尓 鳴鴈乎 留得哉 吾屋戸能波義
訓読 朝霧のたなびく田居に鳴く雁を留め得むかも我が宿の萩
かな あさぎりの たなびくたゐに なくかりを とどめえむかも わがやどのはぎ
英語(ローマ字) ASAGIRINO TANABIKUTAゐNI NAKUKARIWO TODOMEEMUKAMO WAGAYADONOHAGI
朝霧がたなびく田んぼで鳴く雁、その雁をそのまま留めておくことができるだろうか、我が家の庭の萩は。
左注 右一首歌者幸於芳野離宮之時藤原皇后御作 但年月未審詳 十月五日河邊朝臣東人傳誦云尓
校異 后 [西(右書)] 后宮
用語 天平勝宝2年10月5日、年紀、作者:光明皇后、伝承、誦詠、河辺東人、吉野、動物、植物、古歌、高岡、富山
タイトルとURLをコピーしました