万葉集 第19巻 4225番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第19巻4225番歌はこちらにまとめました。

第19巻 4225番歌

第19巻
歌番号 4225番歌
作者 大伴家持
題詞
原文 足日木之 山黄葉尓 四頭久相而 将落山道乎 公之超麻久
訓読 あしひきの山の紅葉にしづくあひて散らむ山道を君が越えまく
かな あしひきの やまのもみちに しづくあひて ちらむやまぢを きみがこえまく
英語(ローマ字) ASHIHIKINO YAMANOMOMICHINI SHIDUKUAHITE CHIRAMUYAMADIWO KIMIGAKOEMAKU
山の紅葉は雫(しづく)にあって散り敷く山路をあなたは越えていかれるのですね。
左注 右一首同月十六日餞之朝集使少目秦伊美吉石竹時守大伴宿祢家持作之
校異
用語 天平勝宝2年10月16日、年紀、作者:大伴家持、枕詞、植物、餞別、旅立ち、出発、秦石竹、高岡、富山
タイトルとURLをコピーしました