万葉集 第19巻 4227番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第19巻4227番歌はこちらにまとめました。

第19巻 4227番歌

第19巻
歌番号 4227番歌
作者 三形沙弥
題詞
原文 大殿之 此廻之 雪莫踏祢 數毛 不零雪曽 山耳尓 零之雪曽 由米縁勿 人哉莫履祢 雪者
訓読 大殿の この廻りの 雪な踏みそね しばしばも 降らぬ雪ぞ 山のみに 降りし雪ぞ ゆめ寄るな 人やな踏みそね 雪は
かな おほとのの このもとほりの ゆきなふみそね しばしばも ふらぬゆきぞ やまのみに ふりしゆきぞ ゆめよるな ひとやなふみそね ゆきは
英語(ローマ字) OHOTONONO KONOMOTOHORINO YUKINAFUMISONE SHIBASHIBAMO FURANUYUKIZO YAMANOMINI FURISHIYUKIZO YUMEYORUNA HITOYANAFUMISONE YUKIHA
左大臣邸のまわりの雪を踏んではいけない。しばしばも降らない雪が降ったのだから。通常、このあたりの雪は山に降る雪。決して近寄るな。この雪は踏んではならない、この雪は。
左注 (右二首歌者三形沙弥承贈左大臣藤原北卿之語作誦之也 聞之傳者笠朝臣子君 復後傳讀者越中國<掾>久米朝臣廣縄是也)
校異
用語 天平勝宝2年、年紀、作者:三形沙弥、藤原房前、笠子君、久米広縄、伝誦、予祝、寿歌、宮廷、高岡、富山、古歌
タイトルとURLをコピーしました