万葉集 第19巻 4219番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第19巻4219番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第19巻 4219番歌

第19巻
歌番号 4219番歌
作者 大伴家持
題詞
原文 吾屋戸之 芽子開尓家理 秋風之 将吹乎待者 伊等遠弥可母
訓読 我が宿の萩咲きにけり秋風の吹かむを待たばいと遠みかも
かな わがやどの はぎさきにけり あきかぜの ふかむをまたば いととほみかも
英語(ローマ字) WAGAYADONO HAGISAKINIKERI AKIKAZENO FUKAMUWOMATABA ITOTOHOMIKAMO
我が家の庭の萩が咲いた。秋風が吹くのを待っていては、まだ遠い季節。なのでいち早く咲いてくれたのはうれしい。
左注 右一首六月十五日見芽子早花作之
校異
用語 天平勝宝2年6月15日、年紀、作者:大伴家持、植物、高岡、富山
タイトルとURLをコピーしました