万葉集 第19巻 4218番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第19巻4218番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第19巻 4218番歌

第19巻
歌番号 4218番歌
作者 大伴家持
題詞 見漁夫火光歌一首
原文 鮪衝等 海人之燭有 伊射里火之 保尓可将出 吾之下念乎
訓読 鮪突くと海人の灯せる漁り火の秀にか出ださむ我が下思ひを
かな しびつくと あまのともせる いざりひの ほにかいださむ わがしたもひを
英語(ローマ字) SHIBITSUKUTO AMANOTOMOSERU IZARIHINO HONIKAIDASAMU WAGASHITAMOHIWO
鮪(しび)を突こうと漁夫が灯す漁り火のように、いっそ表に出してしまおうか。胸に秘めたるこの思いを。
左注 右二首五月
校異
用語 天平勝宝2年5月、年紀、作者:大伴家持、恋情、序詞、高岡、富山
タイトルとURLをコピーしました