万葉集 第19巻 4143番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第19巻4143番歌はこちらにまとめました。

第19巻 4143番歌

第19巻
歌番号 4143番歌
作者 大伴家持
題詞 攀折堅香子草花歌一首
原文 物部<乃> 八<十>D嬬等之 は乱 寺井之於乃 堅香子之花
訓読 もののふの八十娘子らが汲み乱ふ寺井の上の堅香子の花
かな もののふの やそをとめらが くみまがふ てらゐのうへの かたかごのはな
英語(ローマ字) MONONOFUNO YASOWOTOMERAGA KUMIMAGAFU TERAゐNOUHENO KATAKAGONOHANA
たくさんの乙女たちが寺の井戸のほとりで、入り乱れて水を汲んでいる、そこに咲くカタクリの花。
左注
校異 能 乃 [元][類][古] / 十乃 十 [元][古]
用語 天平勝宝2年3月2日、年紀、作者:大伴家持、植物、高岡、富山、枕詞

解説

題詞は「堅香子(かたかご)の花折り取っての歌一首」とある。「堅香子」はカタクリ(料理で使う片栗粉のカタクリ。現在はジャガイモで代用されている。)のこと。百合科の多年草。

「もののふの」は枕詞。「八十娘子」は「たくさんの乙女」。「寺井の上の」は「寺の井戸のほとり」のこと。

タイトルとURLをコピーしました