万葉集 第17巻 4009番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第17巻4009番歌はこちらにまとめました。

第17巻 4009番歌

第17巻
歌番号 4009番歌
作者 大伴池主
題詞 (忽見入京述懐之作生別悲<兮>断腸万廻怨緒難禁聊奉所心一首并二絶)
原文 多麻保許<乃> 美知能可<未>多知 麻比波勢牟 安賀於毛布伎美乎 奈都可之美勢余
訓読 玉桙の道の神たち賄はせむ我が思ふ君をなつかしみせよ
かな たまほこの みちのかみたち まひはせむ あがおもふきみを なつかしみせよ
英語(ローマ字) TAMAHOKONO MICHINOKAMITACHI MAHIHASEMU AGAOMOFUKIMIWO NATSUKASHIMISEYO
道の神々には十分お供えを致します。私が思うこのお方をどうかお守り下さい。
左注 (右大伴宿祢池主報贈和歌 [五月二日])
校異 能 乃 [元][類] / 味 未 [元][類][紀]
用語 天平19年5月2日、年紀、作者:大伴池主、贈答、大伴家持、枕詞、羈旅、出発、悲別、恋情、手向け、無事、高岡、富山
タイトルとURLをコピーしました