万葉集 第17巻 3994番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第17巻3994番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第17巻 3994番歌

第17巻
歌番号 3994番歌
作者 大伴池主
題詞 (敬和遊覧布勢水海賦一首并一絶)
原文 之良奈美能 与世久流多麻毛 余能安比太母 都藝弖民仁許武 吉欲伎波麻備乎
訓読 白波の寄せ来る玉藻世の間も継ぎて見に来む清き浜びを
かな しらなみの よせくるたまも よのあひだも つぎてみにこむ きよきはまびを
英語(ローマ字) SHIRANAMINO YOSEKURUTAMAMO YONOAHIDAMO TSUGITEMINIKOMU KIYOKIHAMABIWO
白波に乗って寄せてくる海草。この世に生きている限り、引き続いて見にやってこよう。この清らかな浜辺を見に。
左注 右掾大伴宿祢池主作 [四月廿六日追和]
校異
用語 天平19年4月26日、年紀、作者:大伴池主、追和、大伴家持、遊覧、枕詞、地名、氷見、高岡、寿歌、儀礼歌、植物、土地讃美
タイトルとURLをコピーしました