万葉集 第5巻 905番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第5巻905番歌はこちらにまとめました。

第5巻 905番歌

第5巻
歌番号 905番歌
作者 作者不詳
題詞 (戀男子名古日歌三首 [長一首短二首])反歌
原文 和可家礼婆 道行之良士 末比波世武 之多敝乃使 於比弖登保良世
訓読 若ければ道行き知らじ賄はせむ黄泉の使負ひて通らせ
かな わかければ みちゆきしらじ まひはせむ したへのつかひ おひてとほらせ
英語(ローマ字) WAKAKEREBA MICHIYUKISHIRAJI MAHIHASEMU SHITAHENOTSUKAHI OHITETOHORASE
この子はまだ年端もいかない幼子ですから、冥土への道も分かりません。お礼はいたします。黄泉(よみ)の国からの使者様、どうか背中におぶってやってお連れくださいな。
左注 ?(右一首作者未詳 但以裁歌之體似於山上之操載此次焉)
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 山上憶良、仏教、儒教、孝養、子供、嘆き
タイトルとURLをコピーしました