万葉集 第5巻 842番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第5巻842番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第5巻 842番歌

第5巻
歌番号842番歌
作者作者不詳(高丘)
題詞(梅花歌卅二首[并序] / 天平二年正月十三日 萃于帥老之宅 申宴會也 于時初春令月 氣淑風和梅披鏡前之粉 蘭薫珮後之香 加以 曙嶺移雲 松掛羅而傾盖 夕岫結霧鳥封q而迷林 庭舞新蝶 空歸故鴈 於是盖天坐地 <促>膝飛觴 忘言一室之裏 開衿煙霞之外 淡然自放 快然自足 若非翰苑何以r情 詩紀落梅之篇古今夫何異矣 宜賦園梅聊成短詠)
原文和我夜度能 烏梅能之豆延尓 阿蘇i都々 宇具比須奈久毛 知良麻久乎之美[薩摩目高氏海人]
訓読我がやどの梅の下枝に遊びつつ鴬鳴くも散らまく惜しみ[薩摩目高氏海人]
かなわがやどの うめのしづえに あそびつつ うぐひすなくも ちらまくをしみ
英語(ローマ字)WAGAYADONO UMENOSHIDUENI ASOBITSUTSU UGUHISUNAKUMO CHIRAMAKUWOSHIMI
われらが園の梅の下枝にウグイスが鳴き交わしている。まるで散りゆく梅を惜しむかのように。
左注
校異
用語梅花宴、作者:高丘、高田、高橋、高向、高屋、高安、高、高麗、海人、太宰府、福岡、天平2年1月13日、年紀、宴席、地名、植物、動物
タイトルとURLをコピーしました