万葉集 第5巻 903番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第5巻903番歌はこちらにまとめました。

第5巻 903番歌

第5巻
歌番号 903番歌
作者 作者不詳
題詞 ((老身重病經年辛苦及思兒等歌七首 [長一首短六首])反歌)
原文 倭<文>手纒 數母不在 身尓波在等 千年尓母<何>等 意母保由留加母 [去神龜二年作之 但以<類>故更載於茲]
訓読 しつたまき数にもあらぬ身にはあれど千年にもがと思ほゆるかも [去る神龜二年之を作る。但し類を以ての故に更に茲に載す]
かな しつたまき かずにもあらぬ みにはあれど ちとせにもがと おもほゆるかも
英語(ローマ字) SHITSUTAMAKI KAZUNIMOARANU MINIHAAREDO CHITOSENIMOGATO OMOHOYURUKAMO
数にも入らぬ安物の腕輪のような私の命だけれど、千年も生きたいと思う。
左注 天平五年六月丙申朔三日戊戌作
校異 父 文 [類][細] / 可 何 [類][紀][古] / <> 類 [類][紀]
用語 作者:山上憶良、仏教、儒教、老、嘆き、子供、天平5年6月3日、枕詞
タイトルとURLをコピーしました