万葉集 第5巻 865番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第5巻865番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第5巻 865番歌

第5巻
歌番号865番歌
作者作者不詳
題詞和松浦仙媛歌一首
原文伎弥乎麻都 々々良乃于良能 越等賣良波 等己与能久尓能 阿麻越等賣可<忘>
訓読君を待つ松浦の浦の娘子らは常世の国の海人娘子かも
かなきみをまつ まつらのうらの をとめらは とこよのくにの あまをとめかも
英語(ローマ字)KIMIWOMATSU MATSURANOURANO WOTOMERAHA TOKOYONOKUNINO AMAWOTOMEKAMO
あなた様(大伴旅人)を待っているという松浦の浦の娘子たちは神仙郷の漁夫の娘子たちかも知れません。
左注
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / 忌 忘 [類][細]
用語作者:吉田宜、書簡、大伴旅人、松浦仙媛、唱和、地名、贈答
タイトルとURLをコピーしました