万葉集 第5巻 899番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第5巻899番歌はこちらにまとめました。

第5巻 899番歌

第5巻
歌番号 899番歌
作者 作者不詳
題詞 ((老身重病經年辛苦及思兒等歌七首 [長一首短六首])反歌)
原文 周弊母奈久 苦志久阿礼婆 出波之利 伊奈々等思騰 許良尓<佐>夜利奴
訓読 すべもなく苦しくあれば出で走り去ななと思へどこらに障りぬ
かな すべもなく くるしくあれば いではしり いななとおもへど こらにさやりぬ
英語(ローマ字) SUBEMONAKU KURUSHIKUAREBA IDEHASHIRI INANATOOMOHEDO KORANISAYARINU
どうしようもなく、苦しく辛いのでいっそ死んでしまおうかと思うが、皆の者に迷惑がかかる。
左注 (天平五年六月丙申朔三日戊戌作)
校異 作 佐 [類][紀][古][細]
用語 作者:山上憶良、仏教、儒教、老、嘆き、子供、天平5年6月3日、年紀
タイトルとURLをコピーしました