万葉集 第5巻 806番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第5巻806番歌はこちらにまとめました。

第5巻 806番歌

第5巻
歌番号 806番歌
作者 作者不詳
題詞 伏辱来書 具承芳旨 忽成隔漢之戀 復傷抱梁之意 唯羨去留無恙 遂待披雲耳 / 歌詞兩首 [<大>宰帥大伴卿]
原文 多都能馬母 伊麻勿愛弖之可 阿遠尓与志 奈良乃美夜古尓 由吉帝己牟丹米
訓読 龍の馬も今も得てしかあをによし奈良の都に行きて来むため
かな たつのまも いまもえてしか あをによし ならのみやこに ゆきてこむため
英語(ローマ字) TATSUNOMAMO IMAMOETESHIKA AWONIYOSHI NARANOMIYAKONI YUKITEKOMUTAME
竜を馬の背にして今すぐ、故郷の奈良の都にすっとんでいきたい。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / 太 大 [細][温]
用語 作者:大伴旅人、書簡、枕詞、望郷、恋情、贈答
タイトルとURLをコピーしました