万葉集 第5巻 807番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第5巻807番歌はこちらにまとめました。

第5巻 807番歌

第5巻
歌番号 807番歌
作者 作者不詳
題詞 (伏辱来書 具承芳旨 忽成隔漢之戀 復傷抱梁之意 唯羨去留無恙 遂待披雲耳 / 歌詞兩首 [<大>宰帥大伴卿])
原文 宇豆都仁波 安布余志勿奈子 奴<婆>多麻能 用流能伊昧仁越 都伎提美延許曽
訓読 うつつには逢ふよしもなしぬばたまの夜の夢にを継ぎて見えこそ
かな うつつには あふよしもなし ぬばたまの よるのいめにを つぎてみえこそ
英語(ローマ字) UTSUTSUNIHA AFUYOSHIMONASHI NUBATAMANO YORUNOIMENIWO TSUGITEMIEKOSO
現実にはお逢いする術はありませんが、せめて夢の中ででもお逢いしたいものです。
左注
校異 波 婆 [類][古][紀]
用語 作者:大伴旅人、書簡、夢、恋情、贈答
タイトルとURLをコピーしました