万葉集 第5巻 896番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第5巻896番歌はこちらにまとめました。

第5巻 896番歌

第5巻
歌番号 896番歌
作者 作者不詳
題詞 ((好去好来歌一首[反歌二首])反歌)
原文 難波津尓 美船泊農等 吉許延許婆 紐解佐氣弖 多知婆志利勢武
訓読 難波津に御船泊てぬと聞こえ来ば紐解き放けて立ち走りせむ
かな なにはつに みふねはてぬと きこえこば ひもときさけて たちばしりせむ
英語(ローマ字) NANIHATSUNI MIFUNEHATENUTO KIKOEKOBA HIMOTOKISAKETE TACHIBASHIRISEMU
難波津に帰朝の船が到着したと聞いたならば着物の紐も結ばないまま走り出てお迎えにあがりましょうぞ。
左注 天平五年三月一日良宅對面獻三日 山上憶良謹上 大唐大使卿記室
校異 波 [類][紀][細] 破
用語 作者:山上憶良、多治比広成、遣唐使、餞別、羈旅、天平5年3月1日、年紀
タイトルとURLをコピーしました