万葉集 第5巻 880番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第5巻880番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第5巻 880番歌

第5巻
歌番号880番歌
作者作者不詳
題詞敢布私懐歌三首
原文阿麻社迦留 比奈尓伊都等世 周麻比都々 美夜故能提夫利 和周良延尓家利
訓読天離る鄙に五年住まひつつ都のてぶり忘らえにけり
かなあまざかる ひなにいつとせ すまひつつ みやこのてぶり わすらえにけり
英語(ローマ字)AMAZAKARU HINANIITSUTOSE SUMAHITSUTSU MIYAKONOTEBURI WASURAENIKERI
遠い田舎で五年も住み続け、都の風俗もすっかり忘れてしまいました。
左注(天平二年十二月六日筑前國守山上憶良謹上)
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語作者:山上憶良、大伴旅人、太宰府、福岡、餞別、宴席、帰京、地名、天平2年12月6日、年紀
タイトルとURLをコピーしました