万葉集 第5巻 809番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第5巻809番歌はこちらにまとめました。

第5巻 809番歌

第5巻
歌番号 809番歌
作者 作者不詳
題詞 ((伏辱来書 具承芳旨 忽成隔漢之戀 復傷抱梁之意 唯羨去留無恙 遂待披雲耳 / 歌詞兩首 [<大>宰帥大伴卿]) / 答歌二首)
原文 多陀尓阿波須 阿良久毛於保久 志岐多閇乃 麻久良佐良受提 伊米尓之美延牟
訓読 直に逢はずあらくも多く敷栲の枕去らずて夢にし見えむ
かな ただにあはず あらくもおほく しきたへの まくらさらずて いめにしみえむ
英語(ローマ字) TADANIAHAZU ARAKUMOOHOKU SHIKITAHENO MAKURASARAZUTE IMENISHIMIEMU
直接お逢い出来ない日々が重なり、枕元を去らずにあなた様を夢に見ていましょう。
左注
校異
用語 作者:大伴旅人、書簡、枕詞、夢、贈答
タイトルとURLをコピーしました