万葉集 第5巻 811番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第5巻811番歌はこちらにまとめました。

第5巻 811番歌

第5巻
歌番号 811番歌
作者 作者不詳
題詞 (大伴淡等謹状 / 梧桐日本琴一面 [對馬結石山孫枝] / 此琴夢化娘子曰 余託根遥嶋之崇<巒> 晞o九陽之休光 長帶烟霞逍遥山川之阿 遠望風波出入鴈木之間 唯恐 百年之後空朽溝壑 偶遭良匠散為小琴不顧質麁音少 恒希君子左琴 即歌曰)僕報詩詠曰
原文 許等々波奴 樹尓波安里等母 宇流波之吉 伎美我手奈礼能 許等尓之安流倍志
訓読 言とはぬ木にはありともうるはしき君が手馴れの琴にしあるべし
かな こととはぬ きにはありとも うるはしき きみがたなれの ことにしあるべし
英語(ローマ字) KOTOTOHANU KINIHAARITOMO URUHASHIKI KIMIGATANARENO KOTONISHIARUBESHI
私はもの言わぬ琴ですが、あなた様のような立派な方の愛用の琴になりたいと願っています。
左注 琴娘子答曰 / 敬奉徳音 幸甚々々 片事覺 即感於夢言慨然不得止黙 故附公使聊以進御耳 [謹状不具] / 天平元年十月七日附使進上 / 謹通 中衛高明閤下 謹空
校異 止黙 [矢][京] 黙止
用語 作者:大伴旅人、創作、藤原房前、贈り物、老荘、朝隠、書簡、対馬、天平1年10月7日、年紀
タイトルとURLをコピーしました