万葉集 第5巻 812番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第5巻812番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第5巻 812番歌

第5巻
歌番号 812番歌
作者 作者不詳
題詞 跪承芳音 嘉懽交深 乃知 龍門之恩復厚蓬身之上 戀望殊念常心百倍 謹和白雲之什以奏野鄙之歌 房前謹状
原文 許等騰波奴 紀尓茂安理等毛 和何世古我 多那礼之美巨騰 都地尓意加米移母
訓読 言とはぬ木にもありとも我が背子が手馴れの御琴地に置かめやも
かな こととはぬ きにもありとも わがせこが たなれのみこと つちにおかめやも
英語(ローマ字) KOTOTOHANU KINIMOARITOMO WAGASEKOGA TANARENOMIKOTO TSUCHINIOKAMEYAMO
もの言わぬ琴でありましても貴下が大切にされていたお琴、誰が粗末にいたしましょうぞ。
左注 謹通 尊門 [記室] / 十一月八日附還使大監
校異 閤 [紀] 閣 / 空 [西(訂正)] 言 / 歌 [西] 謌
用語 作者:藤原房前、大伴旅人、書簡、天平1年11月8日、年紀
タイトルとURLをコピーしました