万葉集 第5巻 847番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第5巻847番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第5巻 847番歌

第5巻
歌番号847番歌
作者作者不詳
題詞員外思故郷歌兩首
原文和我佐可理 伊多久々多知奴 久毛尓得夫 久須利波武等母 麻多遠知米也母
訓読我が盛りいたくくたちぬ雲に飛ぶ薬食むともまた変若めやも
かなわがさかり いたくくたちぬ くもにとぶ くすりはむとも またをちめやも
英語(ローマ字)WAGASAKARI ITAKUKUTACHINU KUMONITOBU KUSURIHAMUTOMO MATAWOCHIMEYAMO
私はひどく年老いてしまった。不老長寿と言われる薬を飲んだところで若返ることはあるまいに。
左注
校異
用語作者:大伴旅人、望郷、太宰府、福岡、老、神仙
タイトルとURLをコピーしました