万葉集 第5巻 848番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第5巻848番歌はこちらにまとめました。

第5巻 848番歌

第5巻
歌番号 848番歌
作者 作者不詳
題詞 (員外思故郷歌兩首)
原文 久毛尓得夫 久須利波牟用波 美也古弥婆 伊夜之吉阿何微 麻多越知奴倍之
訓読 雲に飛ぶ薬食むよは都見ばいやしき我が身また変若ぬべし
かな くもにとぶ くすりはむよは みやこみば いやしきあがみ またをちぬべし
英語(ローマ字) KUMONITOBU KUSURIHAMUYOHA MIYAKOMIBA IYASHIKIAGAMI MATAWOCHINUBESHI
不老長寿の薬を飲むよりは、一目奈良の都を見られたら若返るだろうに。
左注
校異
用語 作者:大伴旅人、望郷、太宰府、福岡、老、神仙
タイトルとURLをコピーしました