万葉集 第5巻 849番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第5巻849番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第5巻 849番歌

第5巻
歌番号849番歌
作者作者不詳
題詞後追和梅歌四首
原文能許利多留 由棄仁末自例留 宇梅能半奈 半也久奈知利曽 由吉波氣奴等勿
訓読残りたる雪に交れる梅の花早くな散りそ雪は消ぬとも
かなのこりたる ゆきにまじれる うめのはな はやくなちりそ ゆきはけぬとも
英語(ローマ字)NOKORITARU YUKINIMAJIRERU UMENOHANA HAYAKUNACHIRISO YUKIHAKENUTOMO
残雪に混じって梅花も咲いているが、どうか散らないでおくれ、雪は消えても。
左注
校異留 [類][紀][細](塙) 流
用語梅花宴、追和、大伴旅人、太宰府、福岡、植物
タイトルとURLをコピーしました