万葉集 第5巻 852番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第5巻852番歌はこちらにまとめました。

第5巻 852番歌

第5巻
歌番号 852番歌
作者 作者不詳
題詞 (後追和梅歌四首)
原文 烏梅能波奈 伊米尓加多良久 美也備多流 波奈等阿例母布 左氣尓于可倍許曽[一云 伊多豆良尓 阿例乎知良須奈 左氣尓<宇>可倍許曽]
訓読 梅の花夢に語らくみやびたる花と我れ思ふ酒に浮かべこそ [一云 いたづらに我れを散らすな酒に浮べこそ]
かな うめのはな いめにかたらく みやびたる はなとあれもふ さけにうかべこそ [いたづらに あれをちらすな さけにうかべこそ]
英語(ローマ字) UMENOHANA IMENIKATARAKU MIYABITARU HANATOAREMOFU SAKENIUKABEKOSO [ITADURANI AREWOCHIRASUNA SAKENIUKABEKOSO]
梅の花が夢の中で申すには、私は風流な花だと思います。なので酒杯に浮かべてほしい。
左注
校異 于 宇 [類] (楓) 于 / 許 [類][紀][細](塙) 己
用語 梅花宴、追和、大伴旅人、太宰府、福岡、植物
タイトルとURLをコピーしました